不動産投資の種類

  • HOME »
  • 不動産投資の種類

不動産投資の種類ってどんなのがあるの?

大きく分けて、以下の種類があります。

商業ビル一棟

マンション一棟

アパート一棟

区分マンション一戸

戸建

ワンルームマンション一戸

コインパーキング

月極駐車場

大規模太陽光発電

再開発対象の土地

海外不動産など

 

resize.php_

マンション投資 大阪 セミナー 老後資金
それぞれに新築、中古、ボロ、訳有りなどがあり、
流通経路としても直取引、業者川上、業者川下、一般流通、任意売却、競売などがあります。

直取引・・・その不動産の所有者から直接買う取引の事です。

業者川上・・・その物件の売り情報が出たばかりで、最初の業者が情報を握っている状態の物件です。

業者川下・・・さんざん業者間を流れ、誰も見向きもしなくなっている状態の物件 です。

一般流通・・・普通に業者間で情報交換している普通の物件です。

任意売却・・・住宅ローンなどの融資を受けて家を購入している場合において、住宅ローンが払えなくなった時に、融資を受けた金融機関との合意に基づいて、家を売却する手続きの事を任意売却あるいは任意売買と言います。

競売・・・不動産ローン等の債務(お借り入れ/借金)の返済が出来なくなった際に、所有者の意思に関係無く、債権者・抵当権者の申し立てにより、その不動産を差 し押さえて、銀行から依頼された裁判所が強制的に売却し、その代金を債務の返済に充当する手続きです。

商業ビルや大型マンション一棟もの、立体駐車場となると、個人で扱えるレベルではなくなります。

あなたの年収や自己資金によって、持てる資産が変わってきます。

不動産投資セミナー


ハウスローンコンサルティング


無料個別相談

Copyright © アクティバ合同会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.